30代レディース夏コーデ!暑くてもきちんと見せる着こなしのコツ

お仕事服は、もちろんのこと、子供のいる方は…

学校の行事があったり、
お盆には帰省をしなきゃいけなかったり、
久しぶりの同窓会があったり、

…と、夏は暑くても、けっこう、きちんと見せなきゃいけない機会が多かったりしますよね。

そこで、ここでは、シチュエーション別に「ここを押さえておけば、きれいめに見える」という30代のレディース夏コーデのコツをまとめてみました。

同窓会の時のレディース夏コーデ


旬なカラーパンツで、ちょっとだけモードなスタイルが、アラサーファッションを新鮮な印象にします。

例えば、女子ウケ抜群のピンクのパンツに、白ブラウスのレフ板効果で、顔まわりに明るい透明感をプラス。

小物は黒で統一して、大人っぽくモード感を高めます。

お座敷での同窓会なら、足を崩してもカバーできるロングスカートがおすすめ

パンツスタイルより楽に過ごせて、きちんと感もあります。カーキのフレアスカートに、背中が開いた、今どきデザインのボーダートップスをインして、さりげないオシャレ感を演出しましょう。



実家に帰省する時のレディース夏コーデ


帰省は遠距離のこともあるし、寄り道をしながら行くこともあるので、移動が楽にできることを前提にしながら、到着後の予定も考えた夏コーデにしましょう。

到着してすぐに食事会の場合は、きちんと見えるのに、楽に着られる衿付きのシャツワンピースがおすすめ。

ハイウエスト気味にベルトマークをすれば、メリハリがきいて、スッキリとスタイル良く見えます。

30代のカジュアルファッションの場合は、上質な白Tシャツと、九分丈のチノパンをコーディネートすれば、外食の場面でも安心です。

Tシャツにカジュアルパンツの時には、上質な素材で、体のラインをきれいに見せるシルエットを選びます。



保護者会に着ていく夏服どうする?


学校関係の行事には、知的に見えるブルーやネイビーのワントーンコーデのきちんと見えスタイルを選びます。

保護者会に着ていくママコーデは、シャツもパンツもシンプルなもので、さわやかな清涼感のある服装が好印象。

シャツのボタンは一番上まで留め、眼鏡をかけたり、小物使いでも、しっかりした親に見える母親ファッションを心がけます。



子供の発表会に使えるママコーデ


フェミニンなワンピースが主役の「ワントーンコーデ」なら優しげなママの雰囲気が漂います。

ソフトな女らしさのある、ベージュのリボン付きワンピースのような、オーソドックスだけど、おしゃれに見えるワンピがおすすめです。

ウエストがゴム仕様なら、長時間の着席でも疲れにくく、終了後の打ち上げにもきれいめスタイルで参加できます。

コーデの引き締め役の大きめトートは、メッシュレザーで軽やかさと大人っぽさを出します。

夏祭りの準備に使えるカジュアルな夏コーデ


動きやすいセンタープレス入りのパンツや、ストレッチのきいた美脚パンツなどが、30代の女性の夏祭り準備の服装にはおすすめ。

カジュアルな場面でも、きちんと見えを叶えるセンタープレスのパンツは、アラサーファッションで人気のアイテムです。

今年は、コンサバに見えず「デイリー使い」にできるものが増えています。

トップスには、ボーダー柄のノースリーブ、カーディガンは肩がけにして羽織り、こなれ感をアップ。

薄手のニットカーデは、オシャレ見えする上に、二の腕カバーや紫外線ケアもでき、屋外の行事には必須アイテム。

スニーカーやリュックは、黒で統一すると、カジュアルな服装に、モードっぽさを加えることが出来ます。

気温差があるオフィスで使える夏コーデ


体温調整をしやすい、ノースリトップスと肩かけニットのスタイルは、冷房の効きすぎた電車や、オフィスと屋外の気温差にも難なく対応できます。

とろみ素材のブラウスなら、ノースリーブでもカジュアルになりすぎず、職場でも大丈夫。

ボトムスは、スカートほど冷えずに風通しのいい、太めのガウチョパンツがピッタリ。

薄手のコットンニットのカーディガンは、肩かけにしたり重ねたり、持ち歩きにも便利です。

会社のプレゼンの時に使える勝負服


仕事のプレゼンテーションの時には、デキる女っぽくバリっとマニッシュにまとめるのが効果的。

ストライプのシャツに、ネイビーのハイウエストパンツを合わせて、シャツの裾は、パンツに前だけインして、すっきりとスマートな立ち姿を演出しましょう。

足もとは、定番の黒かクリーンな白のパンプス。

シャツ、ストライプ、ネイビーのキリッと感アイテムのトリオが、勝負服として、断然、効きます。

ランチにはデニムでカジュアル夏コーデ


オシャレなカジュアルデニムコーデにする時には、きれい色トップスを合わせて、旬な小物で盛ると、おしゃれに見える夏コーデになります。

ワンウォッシュのデニムに、鮮やかなオレンジ色のノースリーブニットをインで合わせれば、ヘルシーな女らしさがまとえます。

大ぶりのイヤリングなど、インパクトのあるアクセサリーが効果的。

小ぶりなカゴバッグとサングラスで、アラサーファッションにふさわしい大人っぽいアクセントをつけます。

誕生日デートに使えるきれいめコーデ


年に一度のバースデーデートは、とびきり女らしく決めたいですね。

上品ブラウスとミモレ丈スカートで、美人妻風なコーディネートが、スペシャルな日にはピッタリな雰囲気。

色っぽさよりも、エレガントな女らしさのあるコーディネートで、大人のカップルの落ち着きを演出。

光沢のある黒のギャザーブラウスに、Aラインの膝下丈のフレアースカートで、クラシカルな印象にまとめましょう。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。