春の花柄から夏のトロピカル柄へ移行中~ボタニカル柄もキてるゾ

春は花柄だったけれど、パンツやワンピなどの柄物のアイテムは、夏を感じさせてくれるようなトロピカル柄になって来ましたね~。

ファッション雑誌「Sweet」の5月号にも、今、本当に売れてるモノ…っていうことで、特集ページがあったんですけど、1位になってたのがトロピカルプリントでした。

トロピカルはトロピカルでも、今年はちょっと色合い的にも、柄的にもシックで大人っぽいものが多いみたいですね。

ボタニカル柄とか言って、植物を描いたプリントは去年ぐらいから流行っているけれど、色のトーンが押さえ気味なので、何にでも合わせやすそうな感じ。

今年大注目のネオンカラーとの相性もいいし、夏に向かって、ちょっと「大人の柄アイテム」要チェックですね~。

そうそう…トロピカル柄やボタニカル柄は、最近、流行りのデカクラッチにも使われたりしてるんですよね。

柄のパンツはちょっと…っていう人は、デカクラッチやバッグなどで取り入れてみるのも面白いかもです。

あと、2013年の春夏のトレンドで、私が個人的に気になるモノっていうと、レーシーな透けアイテムかなぁ。

透ける素材も今年多いですよね。

それも、店頭で見る限り、な~んか、ウエディングドレスっぽい純白が多いような…。

花柄のレースをベースに、背中に凝ったカッティングをほどこしたブラウスとかも出てるので、通販サイトや店頭などでチェックしてみて下さい。

レースをコーデに取り入れる時は、あえてガーリーじゃないアイテムと合わせていくのが今年風のようです。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。